WeekdayWAVE vol.104


  ☆12月5日(月)東京・新木場1stRING
観衆=115人

◎オープニング
二上美紀子社長がリングに上がり、小波の欠場を報告。
「本日、出場予定でした小波ちゃんが急きょ体調不良になりまして欠場になりました。浜田文子を家に帰すわけにはいかないので、急きょ対戦相手、adios amiga2で小林香萌ちゃんとシングルやります。残り6試合しかなかったのですが、7試合になるのでみなさんは『儲かったな』という気分で見てください。プロレスリングWAVE年内最後の平日興行、開催します。よろしくお願いします!」と大会をスタートさせた。

©WAVE
1、アイドルWAVE(15分1本勝負)
○山縣優(1分16秒、片エビ固め)春日萌花●
※L.A

 開始早々、春日がドロップキックで奇襲。コルバタ、ドロップキックで仕掛けていく。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして対角線にハンマースルーしようとするが、形勢を入れ替えた山縣。
しかし春日もクロスボディーで迎撃。
クリストを狙うが、これをバックブリーカーで切り返した山縣が、顔面蹴りからのLAで速攻決着! 

©WAVE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合後、山縣はリング下の水波にアピールしてリングを降りた。

©WAVE

2、adios amiga(15分1本勝負)
○浜田文子(9分47秒、片エビ固め)小林香萌●
※ムーンサルトプレス

小波の欠場により急きょ組まれた浜田文子vs小林香萌の一戦。
小林にとってこれが所属最後の文子戦となる。
序盤は静かな立ち上がり。文子がグラウンドに持ち込み、主導権を握る。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

スタンドに戻ると、小林が躍動。
アームホイップなどで攻め込んでいく。
そして張り付けドロップキック!
文子もカウンターのアームホイップからワキ固め。
これを耐えきった小林は串刺しドロップキックからセントーンを投下。
キックアウトされるとミサイル弾を狙うが、かわした文子。
ならばと小林はドロップキック。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてニールキックもかいくぐる。
文子もパワーボムの体勢に入ったが、回転エビ固めに切り返した小林が攻勢。
ミサイル弾から丸め込みを狙うが、いずれもカウント2止まり。
攻め込まれた文子だったがAPクロスディアマンテで流れを変えると、もう一度、パワーボムの体勢に。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりに溜めて叩きつけようとしたため、Tommyレフェリーが制止する。
「なんでーー!」と不満を露わにした文子が掟破りの120%スクールボーイを繰り出していく。
小林もウラカンラナを繰り出そうとしたが、踏ん張った文子がライガーボム! 
キックアウトされると、文子はパワーボムからのムーンサルトというフルコースで小林を仕留めた。

©WAVE

3、メモリアルWAVE[心から結婚おめでとう!by桜花由美](15分1本勝負)
○桜花由美(13分28秒、片エビ固め)ラビット美兎●
※ビッグブーツ

JWP12・28後楽園大会で寿引退するラビット美兎がWAVEに参戦。
迎え撃つ桜花由美はニッコリと「結婚おめでとう」と握手をかわしたが、力のこもった握手に美兎が悲鳴をあげる。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり美兎の結婚をねたんでいる様子……。
いつも以上に殺気を前面に出す桜花は、スタートから厳しい攻め。
顔面へのニーリフトを連発したかと思えば、張り付け鼻フック。
さらに“二十歳で結婚”する美兎に、張り付けビッグブーツをお見舞いする。
美兎も「このクソババア!」と反撃を開始させると、小刻みエルボー→スイングDDTへ。
さらに美兎はブレーンバスターを狙う。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜花がフロントネックロックで踏ん張るも、美兎が強引にブレーンバスター! 
小よく大を制す姿に会場が大いに沸いた。
そして美兎は弓矢固めからダイビング・フットスタンプを投下するも、これをかわした桜花がビッグブーツでやり返す。
エルボーのラリーで罵声を浴びせ合う両者。
だが、美兎の「売れ残り!」発言に桜花がギアチェンジ。
桜花は「結婚だけが幸せじゃない。私は今幸せだ、ボケ!」と串刺しビッグブーツを放つと「みんな出てこいや!」とZABUN勢がリングに呼び込む。
トレイン攻撃を見舞っていくと、最後はGAMIコールが沸き起こる。
二上社長は「もっと行き遅れで悪かったな!」とボディーアタックでお祝いした。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合に戻り、桜花がダイビング・サンマドロップを投下。
スリーパーで捕獲する。
美兎もスタナーで脱出すると、桜花はバックドロップ。
そしてコーナーに登るが、美兎が雪崩式ブレーンバスターで振り落とし、ダイビング・フットスタンプで追い打ちをかける。
美兎も後方回転エビ固め、ジャーマンと攻勢。
桜花の垂直落下ブレーンバスターも首固めに切り返すと、カサドーラやラビストラルで追い込んだが、このピンチを切り抜けた桜花が垂直落下ブレーンバスターへ。
キックアウトされるとビッグブーツでトドメを刺した。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

試合後、桜花は「ラビット、プロレスラーだったら自分の足で起きなさい。結婚、おめでとう。メッチャ悔しいけど!17歳も下で、いま凄くプロレスで脂が乗ってて、ラビット面白いなって思っていたのに、結婚でプロレスをやめるなんて、もったいなさすぎる! でも、それがアナタの選んだ道ならしょうがない。自分の信じた道を進んでください」とマイク。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

美兎も「桜花さん、今日はシングルありがとうございました。ラビット美兎、12月28日後楽園ホールで引退します。そして、引退試合の相手、勝愛実を、昨日の仙台大会で指名させていただきました。最後の最後まで美兎らしく頑張りますので、最後まで応援していただけたら嬉しいです。よろしくお願いします」と返した。
するとそこに結婚を祝うケーキが登場。
WAVE流の顔面ケーキで美兎の結婚をお祝い。
美兎が「夢だったんです。最後の最後でできて嬉しいです!」と喜ぶと、桜花も「引退までぜひラビット美兎の応援よろしくお願いします」と続けハッピーなエンディングを迎えた。
美兎が去ったリング上、ケーキの片付けをしていると夏が矢子にケーキを投げつけ、逃走!? この日も「仁義なき戦い」のテーマが流れた。

©WAVE

 ◎インフォメーション
休憩後、恒例のインフォメーション。
二上美紀子社長が観衆を115人と発表。
そして12・18新木場大会の全カードを以下の通り発表した。
☆12月18日(日)東京・新木場1stRING
[決定カード]
▼小林香萌vs飯田美花
▼年忘れファンタジックWAVE◎フェアリー日本橋vs松本浩代
▼桜花由美&宮崎有妃&春日萌花&長浜浩江&志田光vs浜田文子&山縣優&米山香織&下野佐和子&朱崇花
[既報カード]
▼後藤恵介vs田中稔
▼DUAL SHOCK WAVE〜WAVEタッグ選手権試合◎<王者組>水波綾&大畠美咲vs夏すみれ&山下りな<挑戦者組>
また来年8・12大田区大会で行われる10周年記念大会まで、あと250日であることがアナウンスされた。
 4、スクランブルWAVE(20分1本勝負)
朱崇花&○下野佐和子(14分13秒、エビ固め)飯田美花●&志田光
※雷電ドロップ

セミファイナルは飯田美花&志田光vs朱崇花&下野佐和子のタッグマッチ。
朱崇花&下野はラスアベのテーマ曲で入場する。
まずは朱崇花vs志田でロックアップ。
朱崇花が押し込みドロップキックで先制する。
続いて下野が出ていき、志田とショルダー対決。
下野が打ち勝つも、すぐに志田がヒップアタックでやり返し、飯田と交代する。
飯田&志田は下野の腕を集中攻撃。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下野を孤立させる。
志田は雪崩式ブレーンバスターを狙うが、逆に下野がファイアーマンキャリー。
志田をロープに張り付けると、花道を使って突っ込んでいくが、志田は竹刀で迎撃!

©WAVE

 

 

 

 

 

 

だが下野も花道からの一回転ラリアットでやり返すと、続く朱崇花がミサイル弾で逆襲。
ブーメランアタックを志田&飯田にお見舞いする。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再び志田vs朱崇花となり、朱崇花が低空ドロップキック、志田もカウンターの延髄斬りを見舞うと、ブレーンバスターでカウント2。
続いて飯田がフィッシャーマンSHを見舞ってエルボースマッシュ! 
朱崇花もブファドーラで攻守を入れ換え、ムーンサルトを投下するが、これを回避する飯田。

今度は下野が飯田にカナディアンバックブリーカー。
一方、飯田も腕十字で形勢逆転。志田のフランケンシュタイナーを挟んで、飯田が低空ドロップキックを敢行する。
下野もカウンターのバックフリップから雷電ドロップを狙うが、かわした飯田がヨーロピアンクラッチ。
これを朱崇花がカットするとライオンサルトでアシスト。
すかさず下野が雷電ドロップからえびす落としを放つがこれはカウント2。
最後はダメ押しの雷電ドロップで3カウント!

©WAVE

5、adios amiga wave〜ファイナル・シン・ドウキ〜(30分1本勝負)
夏すみれ&○小林香萌&山下りな(18分29秒、120%スクールボーイ)水波綾&大畠美咲&長浜浩江●

メインイベントは、年内でWAVEを退団し、メキシコ修行へと旅立つ小林香萌の希望で組まれたカード。
これまでもそれぞれのタッグで組んできた同期3選手だが、トリオで組むのは久しぶりとなる。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、夏&山下にとっては12・18新木場でのタッグ王座の前哨戦的な意味合いも含まれていた。
まずは大畠vs小林、夏vs長浜で手合わせ。
夏が掴まり、AvidRivalが決めポーズ。
長浜も加わろうとしたが、押しのけていったのはいいとこドリしたのは小林だった。
続いて場外戦となると、水波は試合を見ていた山縣と視線をかわす。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

リングに戻ると山下が長浜にジャイアントスイング。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

 

 

夏もダイヤル固めで続く。
今度は長浜が掴まりトレイン攻撃の餌食となる。
同期の合体攻撃を仕掛ける夏&小林&山下だったが、なかなか息が合わない。
強引に成功させるが、これは反則とみなされノーフォール。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

長浜はドロップキックを放ってなんとか自コーナーに帰ると、AvidRivalが夏に逆襲。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大畠のダイビング・クロスボディーはカウント2。
夏もブロンコバスター、ミサキスペシャルβ版(仮)を放って山下と交代すると、山下の串刺しラリアットが決まる。
さらに山下は大畠のスタナーを受けきりバックドロップ。
大畠も低空ボディーアタック、スイングDDTを決めて水波と交代。
水波が紅の豚などで攻め込むも山下もラリアットで反撃。
小林がセントーンで続くがカウント2。
すぐさまドロップキックで追撃した小林はミサイル発射。
水波もパワースラムで攻守を入れ換えイチジクへ。
さらにラリアットを放つがカウント2。
続く長浜がドロップキック。小林もドロップキックで応戦していく。
小林は山下の顔面蹴りから、フィッシャーマンSHを放つ。
これはカウント2。
長浜も首固めで攻守を入れ換え、水波のラリアットを受けて、サクラ落としでカウント2。

丸め込みの応酬でも決まらず。
混戦となるなか、小林が一瞬の隙をついた延髄斬りからの120%スクールボーイで3カウントを奪ってみせた。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無言で立ち去る水波&大畠&長浜組。

©WAVE

 

 

 

 

 

 

水波は再び山縣の前で足を止めてしばしにらみ合い……そして控室へ。

勝者の小林がマイクを握り「本日はご来場、誠にありがとうございました! 急きょ文子さんとシングルやらせていただくことになって、たぶん退団するまで文子さんとシングルさせていただく機会はなかったので、今回、急ではあったんですけど、文子さんの胸をお借りすることができて凄くよかったと思います。ありがとうございます。今日の2試合、通してもまだまだ情けないところとか、まだまだいっぱいあって、これからメキシコに自分で修行に行ってきて、もっともっと立派なレスラーになっていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。次は私が望んだカードで、飯田さんとのシングル、アディオス香萌ちゃんロードで飯田さんとのシングルが控えております。飯田さんとのシングル、個人的に楽しみです。たくさんの人に見に来ていただけたらなと思います。18日です。よろしくお願いします。いつものアレで締めたいと思います」とマイク。
最後は「これが、WAVEだ!」で大会を締めた。

©WAVE

◎AvidRivalコメント
——タッグの前哨戦的な意味あいもあったがどうだったか?
大畠「別に……。たぶん向こうは同期3人だから楽しんでやろうと思ってたのかもしれないけど、楽しむとふざけるとは違うと思うので、今日はちょっとふざけすぎてたのかなって思います。結果は向こうが勝っているのでこっちが触れることじゃないと思うんですけど、でも、なんか山下に関しては気持ちが入ってないんじゃないかなって思いました。私の感じてただけかもしれないですけど、ベルトは十分に守れると思います」
水波「タッグの前哨戦として……、まあ別に相手になんないですね。それだけです」
——試合中は山縣さんのほうを意識していたように感じたが。
水波「そうですね。第1試合であんな感じで1本目終わった、山縣さんのあの態度がイラつくとかムカつくとかそういうのもあるんですけど、なんかそうやって今までどっしり構えていた人がそういう行動に出るってことはよっぽど、向こうも意識してたみたいだしこっちのことを。そういう行動に出るっていうこと自体がよっぽど余裕がないのかなってスゲー思う。まず思いましたね。メインもあそこで見ていたのはわかっていたので、わかんないです。対戦しないと、とにかくいま対戦しない、心理戦みたいになってるから、そこは自分のなかでもモヤモヤしてるし、だから早く年末になってシングルで闘ってそういうこととかを全部、全部そこでやっつけたい気持ちは凄くあります」
——後楽園のあと心境は変わった? 厳しめのマイクがあったが。
水波「みんな厳しい厳しいと言うけど、別に厳しいと思ってないし、さっきも言ったんですけど、そういうことを言うってことは逆に余裕がないのかなって本当に思います。でもこっちだって言われっぱなしで、いるなんてもちろんないし、言葉言うんだったらそのとき言うべきだったんですけど、自分は言わなくて結果でやっぱ、結果で出してなんぼだと思っているので、言葉とかそういうのよりも、闘って結果出してからやりたいなと思っています」

©WAVE

 

 

 

 

 

 

◎夏&山下&小林コメント
——小林選手のメキシコ行き前の最後の同期タッグとなったが。
小林「最後の3人になると思います」
山下「やばかったっす」
——こういう機会がないとなかなか組めなかったが。
小林「うっかり私が言ったにもかかわらず、前哨戦みたいなカードになっちゃって、あららって思ったんですけど、遠慮せずにガツガツいこうと思って。楽しかったです」
——山下選手と夏選手にとっては対戦相手にアビリバいたことで意味合いが変わったと思うが。
山下「うーん、えー。水波さんとはメチャメチャ最近やっているので、そろそろ突っ込むだけじゃなくて、手の内を考えなければなって」
——意識せず? 3人の同期タッグを楽しんだ?
山下「そうですね」
夏「私たち3人が組むようになったのがちょうど私がケガから復帰した1年前からで、1年前も連係しようとして失敗したんです」
小林「今まで組んで1回も、1回も合ったことないです、息」
夏「ちょいちょい試合、当たったり組んだりするのにね。3人になったら合わない。あはははは」
小林「それぞれのタッグは別に大丈夫なんですけど、3人になるとなんか我が強すぎて」
夏「普段からバラバラなので。だからこそたぶん仲良くなれる。楽しくやってこれた部分がある。ちょっとそれが仇となり(笑)」
山下「2人ずつで組むと、そうでもないんですけど、3人になると私のヤバさとかがとくに際立って」
小林「そんなことない。みんなやばい×2。なんでですかね。自分たちで答えが見いだせないから人に聴きたいです」
夏「1回、香萌ちゃんがメキシコから帰ってきたらもう1回組もう。もう1回組んでこれも無理だったら、二度と組むのやめよう」
小林「人に合わせるってことを私がもうちょっと覚えて帰ってきたら、もう1回この2人を私が引っ張れるようになってこれたらなって思います
夏「あと1回様子みよう。それで無理だったら二度と!」
小林「それはやめよう。悲しいからやめよう。でも楽しくやりたかったので、個人的には反省する点も多いですけど楽しくできたな、と」
山下「前哨戦としては私は大畠さんと水波さんとガンガン今日はできたので」
——夏さんは手応えあった?
夏「どうしても2人なり今日は3人ですけど、掴まってしまう時間が長くなってしまうので、それを逆にうまく使えないかなと考えてもいるんですけど、考え中です、いま」
——結果的に文子さんと初シングルとなったが。
小林「いやー、なんていうか、変な話なんですけど、やっぱり1試合しかしない心持ちで来ているので、突然、聴いてえーってなったんですけど、やっぱりチャンスだし、逃したくないなっていうのがデカかったです。でもまあそんな付け焼刃で勝てる相手ではないなっていうのは改めて再確認したなっていう感じはあります」

©WAVE