YOUNG OH! OH! ’18〜成人式〜


★1月8日(月=祝)東京・GENスポーツパレス
観衆=122人※満員

◎オープニング
昨年10月以来、3カ月ぶりの「YOUNG OH! OH!」。
成人の日におこなわれた今回は、他団体からの初参戦が3人とフレッシュな大会となった。

まずは全選手入場式が行われ、選手を代表して佐藤亜海が挨拶をおこなった。
佐藤「本日はご来場いただきありがとうございます。私は昨年の9月にデビューさせていただいた、センダイガールズプロレスリングの佐藤亜海です。実は今日がはじめて他団体に参戦させていただきます。凄く緊張しているんですけども、ヤングらしくがむしゃらに闘って、勝ちに行きたいと思います。今日は成人の日ということで、私は来年20歳になるんですけど、来年もまたこの場所に戻ってこられるように、頑張りたいと思います。本日はよろしくお願いします」
そして、恒例の「ヤング・オー!オー!」で大会をスタートさせた。

 1、メモリアルOH! OH!~飯田美花引退ロード(15分1本勝負)
○小林香萌(8分54秒、120%スクールボーイ)飯田美花●

ヤング卒業後は、プロデューサー的な立場で「YOUNG OH! OH!」にかかわってきた飯田美花。
引退が決まっていることもあり、今回は特別に自身も参戦。
かつての後輩・小林香萌とのシングルマッチをおこなった。
試合はアームホイップの掛け合いから小林が串刺しドロップキック2連発。
キャメルクラッチで捕獲し、「引退しないでくださーい」と絞り上げる。

さらに張り付けドロップキック、セントーンにつなげる小林。


飯田もコンプリートショットでやり返すと、腕攻めで主導権を握る。
低空ドロップキックから走るも、小林もカウンターのドロップキック。
ならばと飯田もフィッシャーマン・スープレックスを2連続。
小林もフィッシャーマンでやり返すと、ミサイルキックをお見舞いする。
飯田もヨーロピアンクラッチから腕固めへ。


走る飯田だったが、小林がカウンターの120%スクールボーイで3カウント! 
試合後は、熱い抱擁。そして、固い握手をかわしてリングを降りた。

 2、トライヤングルOH! OH!~UKスタイル(15分1本勝負)
○朱崇花(6分35秒、クルスフィクス)本間多恵●
※もう1人は弓李

これまで「YOUNG OH! OH!」には参戦していなかった朱崇花が初登場。
アクトレスガールズの本間多恵も、WAVEには参戦経験があるものの、ヤングには初参戦となる。
そこに加わるのが、アイスリボンの弓李だ。
オンリーギブアップの3WAYという難しいルールを、3人はどう闘う!?
弓李vs本間の間になかなか入れぬ朱崇花。
強引にビッグブーツで飛び込み、本間を場外へ。
弓李を捕まえ逆エビ固め。
しかし、本間も戻ってきてガットショットで妨害する。

すると弓李が本間にボディースラム。
すぐさま朱崇花にドロップキックを放っていく。


いつものクセでカバーにいくが、ノーフォール。
急いで腕十字に移行する。
混戦のなか、朱崇花が抜け出し、本間にミサイル発射。
本間も小刻みエルボーでやり返し、腕十字へ。
DDTからカバーするもこれも無効。
朱崇花は飛行機投げからクルスフィクスへ。
弓李がカットに入り、本間とのダブルを狙うが、朱崇花がブーメランアタックで迎撃。


そして、本間&弓李をまとめてサイドスープレックスで投げ捨てると、本間を捕まえ、クルスフィクスでギブアップを奪った。

 3、Fantastic OH! OH!(10分1本勝負) 
○角田奈穂(9分10秒、外道クラッチ)フェアリー日本橋●

これまであまり他団体に出ていなかったアクトレスガールズの角田奈穂が、「YOUNG OH! OH!」に初参戦。
フェアリー日本橋が妖精ワールドで迎え撃つ。
開始早々、フェアリーは恒例のスキップ。
フェアリーのルーティンをわかっていない角田がいきなりスクールボーイ。
するとフェアリーが「私の試合はスキップしてから自己紹介! それからはじまるルールなの!(角田が納得いかない表情を浮かべると)何、その態度! アナタ、このリングはじめてよね? 私のルールできなきゃ、もう呼ばれないわよ!!」と脅迫する。
大人しく従うことにした角田。
フェアリーの自己紹介のあと、角田も「初参戦アクトレスガールズから来ました、角田奈穂と申します」と、元気に挨拶。


するとフェアリーは「飲み込みが早いわね。お友達になりましょ」と握手を求める。
角田が握ると、フェアリーが手つなぎエルボー。
角田もドロップキックでやり返すと、串刺しニーからサッカーボールキックでカウント2。
フェアリーは「お待ちになって」と止めに入るが、無視して攻め続ける角田。
今度はフェアリーがキレて猛反撃。
魔法ホイップも、半ば脅迫気味に決めていく。
やりきったフェアリーは満足した様子。
仰向けになって、試合を終わらせようとするが、角田がカバーに行った瞬間、首固めでカウント2。
すっかり騙されてしまった角田は「この人、嘘つきです! 質問です。フェアリーって日本語でなんですか? 妖精って夢と希望を与える存在じゃないんですか? 今日の試合やってられません!」と逆に仰向けになるが、フェアリーはストンピングからのフェースクラッシャーを連発。高速ブレーンバスターはカウント2。
ならばと角田はダブルニードロップ3連発でお返し。
フェアリーもステッキで応戦しようとするが、奪った角田がステッキで強打。


すぐさま外道クラッチでクルリと丸めた。

センダイガールズプロレスリングから2017年9月24日にデビューした佐藤亜海が「YOUNG OH! OH!」に初参戦。佐藤にとってこれが他団体初参戦でもある。
対峙するのは2018年の飛躍を誓う長浜浩江だ。
試合はロックアップの押し合いからスタート。
長浜が押し込むも、体勢を入れ替えた佐藤が小刻みエルボー。
長浜もやり返していき、串刺しドロップキック、正調ドロップキックはカウント2。
サーフボードストレッチ、弓矢固めで捕獲する。
逆エビ固めは佐藤が手押し車でブレイクする。
エルボーの打ち合いから長浜が走るが、佐藤がショルダータックルで迎撃。
連発していき、カウント2。

逆エビ固めでお返しする。
ブレイクされるとボディースラム。
長浜もボディースラムを堪えてドロップキック。
お返しの逆エビ固めへ。
エスケープされると、サクラ落としでカウント2。
佐藤も丸め込み技で攻勢に出ると、ショルダータックル、バックエルボー。
すかさず走るが、長浜がカウンターのサクラ落とし。
そして、もう一度、逆エビ固めでステップオーバー。
これが急角度で決まり、佐藤がギブアップした。

5、YOUNG WAR! WAR!(15分1本勝負)
○山下りな&長崎まる子(11分45秒、片エビ固め)高瀬みゆき●&トトロさつき
※ラリアット

 メインは山下りな&長崎まる子&高瀬みゆき&トトロさつきのヤング常連選手によるタッグマッチ。
クリーンな握手でスタートとなる。
先発はまる子vs高瀬。
いきなりスピーディーな展開で沸かせる。
続いて、山下vsトトロが肉弾戦。トトロがショルダータックルで吹っ飛ばすも、山下がボディースラムで叩き付ける。
中盤、高瀬が捕まる展開となり、山下がジャイアントスイング。
すると、まる子が振り回される高瀬をジャンプで飛び越えていく。


防戦一方の高瀬だったが、まる子にドロップキックでやり返し、ようやくトトロと交代。
トトロは、山下&まる子をコーナーに据えると串刺しボディーアタックでお返し。
まる子も首固め、高角度回転エビ固めでカウント2。
トトロのパワーファイトを受けきったあと、ドロップキックをお見舞いする。
続く山下はバックドロップを狙う。
堪えたトトロとラリアットで意地の張り合い。


大迫力の攻防のなか、トトロが制して高瀬と交代する。
山下にドロップキックを放った高瀬。
一方、ダブル攻撃を狙う山下&まる子だったが、かいくぐった高瀬がトトロとのダブル・ショルダータックル! 
カミカゼの競演は、惜しくも高瀬のみ成功する。
山下が後頭部へのランニングニーを放つとエルボーのラリーとなる。


追走式ラリアットを交互に放ったあと、山下がトラースキックでカウント2。
高瀬もパワースラムでお返しする。
10分経過。
トトロがセカンドロープからのフォーリング・トトロ。
高瀬がダイビング・エルボー、ブレーンバスターで追撃する。
ダブルを狙うも……。
山下が両腕ラリアットで迎撃。
スライディングラリアットでカウント2。
正調ラリアット狙うが、かいくぐった高瀬が丸め込みを連発。
あわやのシーンを何度も作ったが、山下がカウンター・ラリアットで仕留めた。

 ◎エンディングのマイク
飯田「全選手リングに上がって下さい。本日は連休の興行がたくさんあるなか、YOUNG OH! OH!にご来場、誠にありがとうございました。初参戦の方に一言ずつもらおうっかな」
佐藤「今日ははじめて参戦させていただいて、結果は負けてしまったんですけど、いつかは長浜選手を倒せるように頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」

角田「改めましてアクトレスガールズから参りました、角田奈穂と申します。本日はありがとうございました。初参戦ということで非常に緊張してきたのですが、お客さまが温かく、迎えてくださってありがとうございます。はじめてブーイングというものをくらいました。またぜひ参戦させていただけるようにこれからも頑張っていきます。これからもよろしくお願いします。ありがとうございました」

本間「改めまして、明けましておめでとうございます。アクトレスガールズの本間多恵です。WAVEさんには一度出させていただいているんですけど、YOUNG OH! OH!は、はじめて参戦させていただきました。あのー、年はヤングではないんですが、ちょっと相手が2人とも未成年ということで、身も心もダメージ大という感じなんですけど……(弓李がチャチャを入れると)ムカつくなー。覚えといてください。新年一発目にこの大会に参戦させていただいて本当にうれしいです。みなさんありがとうございます」

飯田「本日の観客動員数は、122人です。ありがとうございます! 前回が10月だったんですけども、それから3カ月あいて、昨日もWAVEの興行があったので、不安だったんですけど、これだけたくさん見に来ていただき本当にありがとうございます。私が引退する前にもう一度、開催できたらと思っておりますので、決まったら発表させていただきたいと思います。本日の締めは、はじめてフェアリーさんと対戦したにもかかわらず、フェアリーさんを困らせた、角田さんお願いします。(慌てる角田に)急に決まるんです(笑)」
角田「はい! では、元気に締めさせていただきます。みなさん本日は本当にありがとうございました。また次もよろしくお願い致します。いきます、YOUNG OH! OH!」
 

大会チケット購入フォーム(各項目を記入後に送信を押して下さい。)

【こちらをクリック】

※メールフォームにて送信後3日以上経過しても返信なき場合は、

直通メール info@pro-w-wave.com に送信下さるようお願い致します。