Daily Archives: 28日


★6月28日(木)東京・後楽園ホール 観衆501人 1、チャレンジWAVE(20分1本勝負) ○旧姓・広田さくら&ミス・モンゴル(9分2秒、ふらふらドーン)フェアリー日本橋●&藤ヶ崎矢子 ミス・モンゴルとのタッグでWAVE認定タッグ王座奪取を目論む旧姓・広田さくら。 そこに待ったをかけたのは、5・19大阪でKUSO ONNA NIGHTに挑戦したフェアリー日本橋&藤ヶ崎矢子だった。 なんとしてでも宮崎の持つタッグ王座に挑戦したい広田は、札幌に帰省する予定だったモンゴルの飛行機代のキャンセル料金を負担してまで、この日の対戦に挑むことに……!? 握手を求める広田は「まぶしかったかしら?」と結婚指輪見せびらかす。 フェアリーは握手を拒否して、試合へ。 早速、フェアリーはモンゴルに自己紹介を促す。 モンゴルが「私の名前はミス・モンゴル。6カ月の娘がいるわ」と自己紹介すると、フェアリーは「私、魔法が使えるの。アナタの娘さんの6カ月のお祝いに魔法をかけましょう。ステッキを振ったらアナタは飛ぶのです」と、ステッキを振るも…… モンゴルは無視。 ブーイングが起こると、広田がしぶしぶお見本をみせる。 それでもモンゴルは魔法にかからず。 フェアリーは「重量オーバーね」と負け惜しみ。 その言葉に反応したモンゴルがラリアットで制裁。 するとフェアリーは「魔力が足りないだけよ」と、ファンに助けを求める。 ファンからパワーを注入してもらったフェアリーは、魔法でモンゴルを吹っ飛ばす。 矢子VSモンゴルとなり、モンゴルはムチを持ち出す。 矢子が寸前でかわしたため、Tommyレフェリーに誤爆。 Tommyレフェリーも低速カウントでモンゴルに報復。 それでも鏡餅攻撃を成功させたモンゴル&広田。 広田はロープ渡りも狙うが、これはフェアリーが魔法で阻止。 転落してしまった広田だったが、フェースクラッシャーからプロレスLOVEポーズ。 ならばと矢子がヒップアタックで反撃にかかる。 これを広田がボ・ラギノールで迎撃。 矢子とフェアリーが交代し、フェアリーがステッキ攻撃。 かわした広田がステッキでフェアリーにボ・ラギノール、矢子にはときめきメモリアル。 すると仕掛けたはずの広田が血を吐いて倒れ込み、フェアリーから3カウントを奪ってしまった。 試合後、モンゴルが「広田さん、やったね。その前に、飛行機のキャンセル料、私、立て替えています。精算をいつしてくれますか?」と詰め寄る。 広田は「本当にこういうやりとりあるんですね。出ていただいたので用意してきました。子ども達のはじめての手形です。キャンセル料と同じ価値があります」と退散。 納得のいかないモンゴルに、二上美紀子社長が「モンゴルさん、ギャラから引くんで大丈夫です」と助け船を出した。 2、メンズWAVE(15分1本勝負) ○大石真翔(6分35秒、ヨーロピアンクラッチ)後藤恵介● 大畠美咲と婚約した大石真翔がWAVEに参戦。 ファンがどんな反応を見せるか予測不可能ななか、後藤恵介と初シングルマッチをおこなった。 握手を求める大石に、後藤は張り手。 セコンドには二上社長を筆頭に、大畠、宮崎、野崎、長浜が付いて全力で応援。 ファンも「後藤」コールを送る。 後藤がショルダータックルを放って先制すると、アームホイップ。 セントーンは大石もかわす。 攻守が入れ替わり、大石がドロップキック。 フェースロックで絞り上げる。 ナックルパンチを脳天に叩き込む大石。 後藤もボディースラムで攻勢に転じると、串刺し攻撃からランニング・エルボーバット。 セントーン2発でカウント2。 バックフリップも2連発!  さらにコーナーに登ろうとする後藤だったが……。 大石が回転エビ固めで切り返し、ヨーロピアンクラッチで3カウント。 試合後、大石と後藤は握手。 そのあと後藤が張り手を見舞って退場した。 3、Hight&Low... 続きを読む | Share it now!

WeekdayWAVE vol.116~ヘイジツMAX~